ホーム 本科・専攻科案内  生産システム工学コース

生産システム工学コースProduction Systems Engineering Course

世界をリードする日本の技術…その1つが「生産システム」

コースの特色

 日本の技術の優れているところは、製品のデザイン、高品質な加工技術、ムダのない生産管理情報などを含めた設計・生産システムによるものづくりに依っています。このような技術革新に必要とされるエンジニアを育成することが本コースの使命であり、次の内容を学修します。

 1 ) 自分のアイデアをコンピュータで構想し表現するための設計学習(3次元CADベースの設計・製図、デザイン・プレンゼンテーションを学ぶ)

 2 ) 製品の製造プロセスを理解するための学習(材料/加工・制御、および機械系基礎科目を学ぶ)

 3 ) 製造プロセスをさらに効率よく、改善するための学習(計測・情報、工学実験や実習、卒業研究で体験的に学ぶ)

 本コースの教員スタッフは機械系分野はもちろんCAD/CAM/CAEおよび生産管理分野、そしてデザイナーという幅広い教員で構成されています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

カリキュラム・ポリシー

  1. ① 設計に必要な機械工学の基礎として、4力学に関する科目、加工・材料に関する科目、設計製図に関する科目を学習する。
  2. ② 設計から製品化までの、ものづくり全体にわたるデザイン及び情報(CAD/CAM/CAE/CAT等)に関する科目を学習する。
  3. ③ 生産と経営の管理に関わる品質、工程、納期に関する科目、機械を自動化するための制御に関する科目を学習する。
  4. ④ 実験・実習を通して、実践的なものづくりの基礎的技術や応用的技術を学習する。
  5. ⑤ ゼミナールや卒業研究を通して、創造力、プレゼンテーション力及び問題解決能力を養えるように学習する。

教育課程

カリキュラム表
授業科目の流れ図
コースHP

ページの先頭へ