ホーム 本科・専攻科案内  ロボット工学コース

ロボット工学コースRobotics Course

今のロボット(労ボット)を学び、未来のロボット(労望富)を考える

コースの特色

 ロボット工学は、人間の骨格にあたる「機械」を土台として、神経である「電気・電子」、反射や運動にあたる「制御」、知能である「情報」の技術分野から成り立っています。ロボットエンジニアには、このような、「機械を構成するための技術」と「機械の動きを制御するための計測・電気・電子・制御・情報処理技術」が必要とされます。
 ロボット工学コースでは、機械系、電気・電子系、情報・制御系の技術をバランス良く教授することにより、広い視野を持った総合技術者の育成を目指しています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

カリキュラム・ポリシー

  1. ① ロボットなどに必要な機械工学系、電気電子工学系、計測・制御・情報工学系の基礎工学科目を学習する。
  2. ② 基礎工学科目の理解を深めるために、実験・実習・設計製図といった実技科目とを連携させ、知識と技能についてさらに理解を深めるように学習する。
  3. ③ ロボットなどの実践的工学技術に繋がる機械工学系、電気電子工学系、計測・制御・情報工学系の応用工学科目を学習する。
  4. ④ 実験・実習を通して、実践的なものづくりの基礎技術や応用技術を学習する。
  5. ⑤ ゼミナールや卒業研究を通して、コミュニケーション能力、創造力、プレゼンテーション力及び問題解決能力を学習する。

教育課程

カリキュラム表
授業科目の流れ図

ページの先頭へ