ホーム トピックス高専ロボコン関東甲信越地区大会2017において、荒川キャンパスBチームが特別賞を受賞!

トピックス

高専の最新情報をお届けします。

高専ロボコン関東甲信越地区大会2017において、荒川キャンパスBチームが特別賞を受賞!

10月29日(日)に行われた、NHK高専ロボコン関東甲信越地区大会において、荒川キャンパスBチーム「荒風」が特別賞(本田技研株式会社)を受賞しました。
未来のロボコンを感じさせる、マスタースレーブ方式+VRゴーグルを用いた遠隔操作技術が高く評価されました。
大会には荒川キャンパスAチーム、品川キャンパスA,Bチームも参加し、見事なロボットを披露していました。

なお、大会の模様は11月23日(祝)10:05より、総合テレビにおいて放送される予定です。
(再放送:11月26日(日)※25日深夜 NHK総合 午前1:35~)

学生達の頑張った成果をぜひご覧下さい。

※マスタースレーブ方式とは、複数の機器や装置、ソフトウェア、システムなどが連携して動作する際に、一つが管理・制御する側、残りが制御される側、という役割分担を行う方式のこと。制御する側を「マスター」、される側を「スレーブ」といいます。

 
 
大会の様子

ページの先頭へ