大塚 友裕

【プロフィール】
平成17年(2005年) 航空工学科卒業
豊島区立真和(現 西池袋)中学校出身
進学先:東京農工大学大学院機械システム工学専攻
博士前期課程

大塚 友裕

私は中学生のころ「数学や理科が好きで国語や社会が大嫌い、飛行機の勉強がしてみたい、早く就職して自立したい」と思っていたので航空高専に入学することにしました。この私のような人には是非、高専をお勧めしたいです。数学や物理など専門科目は沢山の授業時間数があり、しっかり教えてもらえ、国語や社会などの一般科目は、普通の高校とは違い自由な雰囲気なので、文系科目が大嫌いだった私でも楽しめる授業をしてもらえました。そして、そのお陰で様々な教科に興味が持てるようになり、広い範囲で知識を得ることができたと思います。高専の学生、先生にはマニアが揃っているので、毎日いろいろな分野の新しい話が聞けて、とても楽しかったし勉強になりました。大学に入学して、高専の凄さを感じることが多くあります。高専の授業内容は、大学の講義に近いレベルだったと気づきます。高専生の普通の工作や加工が意外に一般の人にはできなかったりします。高専で勉強できて本当に楽しかったです。(東京農工大学大学院在学中にインタビュー)

ページの先頭へ