ホーム 図書館のご案内 品川キャンパス図書館について

品川キャンパス図書館について

当館は、都立工業高等専門学校の前身である都立工業短大付属工業高等学校の図書室を母体とし、1962年(昭和37年)に開館しました。当初の蔵書は約7000冊でした。1999年(平成11年)に新校舎が完成し、現在の場所に移転しました。

 2006年(平成18年)4月には都立航空工業高等専門学校と統合し都立産業技術高等専門学校が開校、図書館も高専品川キャンパス図書館として新たにスタートしました。また、同時期に産業技術大学院大学が開学し、大学院の図書館が併設されることとなりました。大学院図書館の図書 約20,000冊(平成28年5月1日現在)も高専図書館と同じ条件で利用できます。

施設・蔵書

蔵書数

約69,500冊(平成28年5月1日現在)

特徴

現在、学習に必要な各分野の図書をそろえるほか、工学系の図書の収集に力を入れています。

面積

1,020m²

座席数

86席

ページの先頭へ