ホーム 本科・専攻科案内 航空宇宙工学コース

航空宇宙工学コースAerospace Engineering Course

宙(そら)へ技術の翼ではばたけ!

コースの特色

 現在、航空機及び宇宙機は、高速輸送、観測、通信などで日常の生活になくてはならないものになっています。また、空や宇宙への憧れを実現するものとしての魅力もあります。そして、これらには最先端で高度な技術が用いられ、安全性及び信頼性が求められます。
 航空宇宙工学コースでは、航空宇宙工学を理解するために必要な基礎学力を有し、機械、機器の開発、設計、製造などに必要な基礎知識を有する学生の育成を目指しています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

カリキュラム・ポリシー

  1. ① 低学年では、機械工学などの基礎科目を学習する。
  2. ② 低学年で学んだ工学の基礎の上に航空宇宙工学の基礎理論を学習する。
  3. ③ 航空宇宙機を題材として、その原理に対する理解をより深める学習をする。
  4. ④ 高学年では、それまでに学んだことを航空宇宙機に集約することにより、システム的に捉える学習をする。
  5. ⑤ 実験・実習を通して、実践的なものづくりの基礎的技術や応用的技術を学習する。
  6. ⑥ ゼミナールや卒業研究を通して、創造力、プレゼンテーション力及び問題解決能力を養えるように学習する。

教育課程

カリキュラム表
授業科目の流れ図

ページの先頭へ