ホーム トピックス第30回全国高専プログラミングコンテスト課題部門で特別賞とNICT賞を受賞!

トピックス

高専の最新情報をお届けします。

第30回全国高専プログラミングコンテスト課題部門で特別賞とNICT賞を受賞!

 2019年10月13日(日)〜14日(月)に都城市総合文化ホール(宮崎県都城市)で第30回全国高専プログラミングコンテスト(本選)が開催されました。品川キャンパスからは課題部門に1チーム、競技部門に1チームが出場し、課題部門のチームが特別賞とNICT賞を受賞しました。

 課題部門では「ICTを活用した地域活性化」がテーマになっており、品川キャンパスのチームは放牧牛管理システムを開発し大会に臨みました。開発したシステムは牛の位置を計測する専用の機器とドローン、スマートフォンにより構成されています。専用の機器により計測した牛の位置をスマートフォン上に表示し、牛の移動距離から発情期や怪我を予測します。牛に変化があればドローンを飛ばして牛の様子を確認します。そして開発したシステムは島根県知夫里島にて実地試験を行いました。

 大会ではシステムの完成度や有用性が評価され特別賞を受賞しました。そして来年の3月にベトナムで行われるNAPROCK国際プログラミングコンテストへの出場が決定しました。さらにシステムがユーザからの視点に立って開発されていると評価され、NICT賞を受賞しました。NICT賞の受賞により起業家甲子園への出場とシリコンバレー起業家育成プログラムへの参加が決定しました。NAPROCK国際プログラミングコンテストと起業家甲子園での活躍が期待されます。

▼全国高専プログラミングコンテストのページ

http://www.procon.gr.jp/
▼起業家甲子園のページ
https://www.nict.go.jp/venture/2019kosen_report.html


NICT賞受賞後にさくらインターネットの田中社長(写真一番左)とjig.jpの福野会長(写真一番右)と一緒に記念撮影


  
                     大会終了後に記念撮影

ページの先頭へ