荒川キャンパスでAED講習訓練を実施しました

3月9日(金)に荒川キャンパスで、荒川消防署汐入出張所職員のご協力の下、教職員を対象にAED講習訓練を実施しました。
荒川キャンパスでは、AEDを管理課事務室前と警備室の2箇所に設置しています。有事の際にスムーズに対応できるよう、参加した教職員は真剣に消防署職員の話を聞き、実技指導を受けました。

また、3月20日(水)に、地震災害等万が一の事態に備えて、各エレベーター機内に非常ボックスを設置いたしました。
非常ボックス内には、保存食や簡易トイレ等エレベーターが停止した際、救助・再稼働までの間に必要となる物品を収納しています。
 

AEDの取り扱いの説明を受ける様子

AEDの実技指導の様子
 

救命ボックス(エレベーター内)

▲Top