Cyber Security TOKYO for Juniorを実施しました。

20名の中学生を対象に9月23日と24日の二日間、Cyber Security TOKYO for Juniorを開催しました。
情報セキュリティ技術者育成プログラム履修生が企画、シナリオ作成、システム開発、ネットワーク設計・構築を行い、当日は講師とチューターも務めました。
参加した中学生の方は、監視カメラを製作したり、ゲームを通じてセキュリティ対策を体験したりして二日間情報セキュリティについて学び、最後には全員に修了証が授与されました。ご後援いただきました以下の企業・団体の皆様に厚く御礼申し上げます。
詳しくはこちら


「セキュリティと倫理」講師の徳竹氏

アイスブレイクでペーパータワー作製

サーボモーターの制御回路作製中

標的型メール攻撃で届いたメール文面を確認中

監視カメラを操作して親会社の不審者を発見

競技の様子

▲Top