「ロボカップ2017名古屋世界大会」で本校学生が世界第3位の快挙!

2017年7月27日~31日に「ロボカップ2017名古屋世界大会」が、名古屋市ポートメッセなごや、武田テバオーシャンアリーナ、愛知大学名古屋キャンパスで開催されました。

約40の国と地域から3000人が参加し、本校からはロボカップ研究部の小森工さん(電気電子工学コース4年)、菊池雄一さん(電子情報工学コース4年)がロボカップレスキューのRapidly Manufactured Robot競技に参加し、世界第3位の栄冠に輝きました。本校からは、一昨年のロボカップ2015中国世界大会以来の出場で、通算11回目のロボカップ世界大会出場となります。
 
併催されたWEROB2017では、多田有佑さんが講演発表を行いました。
詳しくはこちら
 
ロボカップ2017名古屋世界大会ホームページはこちら

※ロボカップ・・・「西暦2050年までに、人間のサッカー世界チャンピオンチームに勝てるロボットチームを作る!」という、世界の人々に分かりやすい、夢のある目標を掲げる事によって、真に人間社会に役立つロボット技術を育成することを目的とした、ユニークな国際プロジェクトで、世界40カ国以上から競技者が集うものです。現在はサッカー以外にレスキュー、@ホーム、インダストリー、ジュニアの5つの競技部門が存在します。

※レスキューRapidly Manufactured Robot競技・・・ロボカップの5つある競技テーマのうちの1つであるレスキュー競技を小型にしたもので、ロボットに搭載したカメラの映像を頼りに、災害現場を模したフィールドを走破して得点を競うものです。

 

レスキュー会場とチーム

小森さん(写真左)、菊池さん(写真右)

▲Top