卒業生の佐藤佑飛さんがFIT奨励賞を受賞!

9月12~14日に開催された「第16回情報科学技術フォーラム(FIT)」にて、本校の電子情報工学コースを卒業した佐藤佑飛さんがFIT奨励賞を受賞しました。

佐藤さんは、現在は大学に通っておられますが、本校在籍時には、コンピュータハードウェアやコンピュータネットワークに興味を持ち、プログラミング研究部でも部長を務め、U-22プロコン、高専プロコン、日本情報オリンピックといった大会に参加されました。また、小早川倫広教授の研究室に所属し、今回フォーラムで発表された「画像中の指紋領域抽出」について研究されていました。
発表では、昨今話題になっています撮影機器の高性能化による画像からの指紋読み取りとその危険性について触れられ、画像から指紋が写っている領域を抽出するアルゴリズムを提案・評価した結果について報告され、FIT奨励賞を受賞されました。

佐藤さんは、「FIT奨励賞を受賞することができ、大変光栄に思います。研究を支えていただいた多くの方々に、この場をお借りして心から感謝申し上げます。また、大学に編入して、産技高専は専門的な知識と実践的な技術力を身につけることができる恵まれた環境であると改めて感じました。産技高専時代に習得した知識や技術は、高校から大学に進学していたら得られなかったものだと思います。今後も奨励賞の名に恥じぬよう、日々精進したいと思います。」と仰られました。


※情報科学技術フォーラム(FIT)・・・一般社団法人情報処理学会と一般社団法人電子情報通信学会が平成14年から合同で開催しているフォーラムのこと。

※プロコン(プログラミングコンテスト)・・・コンピュータプログラミングの能力や技術を競い合うコンテストのこと。アルゴリズムなどに関する問題をコンピュータサイエンスや数学に関係する問題を解く早さを競うもの等様々なコンテストが存在する。

※日本情報オリンピック・・・日本の高校生以下の生徒の中から情報科学的な能力の豊かな生徒を見出し、その才能の育成を助けるとともに、国際情報オリンピックに日本代表選手として派遣するために、特定非営利活動法人情報オリンピック日本委員会が主催している大会のこと。

▲Top