World Robot Summitにてロボット学会賞を受賞!

経済産業省とNEDOが主催する WRS(World Robot Summit)が10/17から10/21までの期間、東京ビッグサイトで開催され、本校のロボット工学コース5年の佐藤 陽威さん、佐藤 優樹さん、宮本 峻志さん、4年の榑林 雅敏さん、小林 秀行さんの5名がロボット学会賞を受賞しました。

この国際ロボット大会では、「製品組立チャレンジ」「パートナーロボットチャレンジ」「フューチャコンビニエンスストアチャレンジ」「プラント災害予防チャレンジ」「トンネル事故災害対応復旧チャレンジ」「災害対応標準性能チャレンジ」「スクールロボットチャレンジ」「ホームロボットチャレンジ」の 9つの部門で競技が行われました。

世界中からロボット技術者が約1000名参加した中で、ロボット工学コースから出場した学生5名が、ホームロボットチャレンジ部門において、3位に入賞するとともにロボット学会賞(企業やケンブリッジ大学等の9チームが受賞)を受賞しました。
 

ロボット追尾テストの様子(11種類のスキルチャレンジの1つ)
 

ホームロボット競技参加者(ロボット工学コース 5年3名 4年2名)と源雅彦教授

WRSについてはこちら
http://worldrobotsummit.org/

▲Top