情報通信工学コース

Information and Telecommunication Course

ICTの時代 そして未来へ

コースの特色

 情報通信工学は、IT社会・ユビキタス社会と呼ばれている現代の情報通信技術の基盤を支える技術分野です。特に、「ハードからソフトまで」「LANからWANまで」「有線から無線まで」「海洋から宇宙まで」と、あらゆる場面で必要とされる情報通信技術のエキスパートが必要とされています。
 情報通信工学コースでは、情報通信技術のエキスパートとして活躍できる学生の育成を目指しています。
 さらに、本コースでは総務省から第二級陸上特殊無線技士および第二級海上特殊無線技士の科目認定を受けており、所定の科目を履修し単位取得すれば、これらの資格の国家試験が免除されて卒業時に試験を受けることなく免許を取得することができます。

イメージ1
イメージ2 イメージ3 イメージ4 イメージ5

カリキュラム・ポリシー

  1. (1) 低学年で電気・電子工学の基礎を学習する。
  2. (2) 高学年で情報・通信分野の専門科目を学習する。
  3. (3) 学んだ専門科目の内容を、ソフトやハードで実現できるものづくり能力を学習する。
  4. (4) 実験・実習を通して、実践的なものづくりの基礎的技術や応用的技術を学習する。
  5. (5) 創造実習やゼミナール・卒業研究を通して、想像力、プレゼンテーション力及び問題解決能力を養えるように学習する。

教育課程

カリキュラム表

授業科目の流れ図

本コース担当教員一覧

 

▲Top