機械システム工学コース

Mechanical Systems Engineering Course

ナノテクからプラントまで、メカのフルコース

コースの特色

 機械工学は、あらゆる産業技術の基盤であり、また、人間社会のあらゆる機器、製品、構造物等をつくり出すための重要な技術分野です。近年の科学技術の発展に伴って、例えば、エレクトロニクス、バイオテクノロジー、オプティクスと機械工学との融合によって新しい技術分野が誕生するなど、機械工学のカバーする技術分野も広範囲になりつつあります。
機械システム工学コースでは、このような技術分野で活躍できる技術者として、機械工学の基礎力を有し、機械設計・製作及び機械制御の知識や能力を有した学生の育成を目指しています。

イメージ1
イメージ2 イメージ3 イメージ4 イメージ5
 

カリキュラム・ポリシー

  1. (1) 機械を知るために必要な基礎知識として、力学系を学習する。
  2. (2) 機械を創るために必要な基礎知識として、設計製図・加工・材料系を学習する。
  3. (3) 機械を動かすために必要な基礎知識として、制御系を学習する。
  4. (4) 実験・実習を通して、実践的なものづくりの基礎的技術や応用的技術を学習する。
  5. (5) ゼミナールや卒業研究を通して、創造力、プレゼンテーション力及び問題解決能力を養えるように学習する。

教育課程

カリキュラム表

授業科目の流れ図

コースHP

本コース担当教員一覧

▲Top